高槻市に鎮座する野見神社のホームページです

各種御祈祷について

初宮参

家内安全

七五三

厄払い

地鎮祭

安産祈願

結婚式

御霊祭

初宮参り

 子供の無事誕生に対して、それまで氏神さまに安産を祈った感謝と将来の健康で無事な成長のご加護を祈るためにお参りをします。生後30日以後にお参りするのが一般です。

 

詳しくはお宮参りのページ

家内安全

 家族が健康で穏やかに過ごせますよう御祈願致します。また新年には新しい年の家族の繁栄と一年間の災い除けもご一緒に御祈願致します。

七五三

 地方により男女関係なく三、五、七才を祝う地方もありますが男の子は三才、五才そして女の子は三才、七才にお参りをするのが一般です。

 

詳しくは七五三のページ

厄払い

 厄年の年齢は、人生の中で、社会的環境や家庭内環境また体それぞれの転機を迎えるときで、災いが起こりやすい時期と忌み慎まれています。

 その厄年を迎える正月や誕生日など節目に参詣し、一年間の無事多幸を御祈念ください。

厄年  男      女

   25才    19才

   41才(前厄)32才
   42才(本厄)33才
   43才(後厄)34才

          37才
   61才(還暦)61才

地鎮祭

 建物の新築にあたり、その土地の神様をまつり、土地の平安堅固と、工事の無事完成を祈ります。祭場は忌み竹と呼ばれる青竹を敷地の四方に建て、注連縄を張り巡らします。その中心に祭壇を建て産土神をお呼びいたします。

 野見神社では現地での地鎮祭以外に神社での地鎮祭祈祷を執り行っております。

安産祈願

 子宝に恵まれた感謝と生まれてくる子供が丈夫に育つようにご祈願いたします。腹帯はお使いになる予定の腹帯を準備していただき、当日ご持参ください。朱印を押してお祓いをさせていただきます。

 

結婚式

 神前での結婚式は夫婦が手を取り合って将来幸せな家庭を築く誓いをする大切な儀式です。「八雲立つ出雲八重垣妻籠みに 八重垣作る その八重垣を」当社御祭神スサノオ命が読まれた日本最古の和歌です。

 

神前結婚式についてはこちら

神葬祭(しんそうさい)

 日本人は古来より、死後魂は幽世(かくりよ)に赴き、家族親族の守り神となると考えられてきました。神葬祭は幽世に旅立つ故人を偲び、御霊が安らかに鎮まりますようお祈りいたします。わかりやすく荘厳あるため、現在はもともと神社でのお祀りしていた方以外に改宗した方も増えております。

 

御霊祭(みたままつり)

 神葬祭の後祭として御霊祭があります。節目ごとに故人の遺徳を偲び、五〇日際、一年祭、三年祭、五年祭、十年祭、十五年祭、二十年祭、三十年祭、五十年祭と続きます。五十年をすぎると祖霊として祀られます。その他に納骨祭や初盆祭があります。

神社参拝について

野見神社

〒569-0077 大阪府高槻市野見町6-6

TEL 072-675-1316  FAX 072-673-5128

Copyright 野見神社 All Rights Reserved