高槻市に鎮座する野見神社のホームページです

地鎮祭

地鎮祭とは、工事される土地に宿る大神に日頃の感謝と新築のご奉告しその土地を清め、また建設後の弥栄と安寧を祈願するお祭です。

 

現地にて地鎮祭を執りおこなう

神社で地鎮祭祈祷を執りおこなう

 地鎮祭とは、建物の新築や土木工事の起工の際などに、その土地の神様を祀り、工事の無事進行・完了と土地・建造物が末長く安全堅固であることを祈願するために、おこなわれる祭りです。

 土地をはらい、使用の許しを得て、工事の安全と生活の平安を祈願するという祭りの意味は、まさに日本人の生活習慣における伝統や信仰に基づいたものといえます。

 

 地鎮祭 現地にて祭典を執りおこなう場合の流れ

 

一、ご家族、工事関係者の日程を合わせる

 

二、神社に連絡し、詳細を打ち合わする

 

     神社がお伺いする内容

 

 

     神社で用意するもの   祭壇、祭具その他神事に関わる物

 

 

     施主様で用意して頂く物 御供(代わりに神社が用意することもできます)

 

 


     施工様で用意して頂く物 祭場の準備

 

 

              ・忌竹(いみたけ)

               竹を土地の中央に一間間隔で四方に建て、

               その竹を荒縄で張る

              ・盛り砂(もりすな)

               バケツ3杯程度の砂を祭壇手前左側に盛ります

              (神社が用意することもできます)

 

三、当日式典時間までに祭場を準備いたします

  施主様には祭典の流れの説明と穿初(うがちぞめ)の儀、玉串奉奠の作法を

  お教えします

 

四、祭典

  心を込めて祭典執行いたします

 

五.あとかたづけ

  神饌は神様のお下がりとして施主様がお持ち帰り下さい

 施主氏名、施工会社、設計会社、施工住所、地図

 建物形状、参列者人数(施主、施工)

 祭壇、祭具、鋤、鍬、鎌、玉串、大麻、紙垂

 米、酒、塩、水、スルメ、乾物、野菜、果物など

(ご希望により鯛、鏡餅も御供いたします)

 四方忌竹、縄、テント、長机、盛り砂

 地鎮祭は本来は、建設予定地の氏神様(地域の神様)を御招きし、地鎮祭を斎行するのが最も望ましいことです。しかしながら諸事情により現地での祭典が出来ない場合、当社では地鎮祭祈祷を神社にて執り行います。

 ご神前にて建築場所などをお伝えし、これからの工事安全と家族繁栄をお祈りいたします。祭典終了後に鎮め物、清めのお砂を授与いたしますので建築業者様に埋納していただき、土地の神様に御鎮まりいただきます。

 

 地鎮祭 神社にて祭典を執りおこなう場合の流れ

 

一、ご家族様の日程を決定する

     ご家族様みなさまで参列されるほうが望ましいです

 

二、神社に連絡し、予約をしていただきます

     祭典等で祈祷ができなこともございますので早めにご予約下さい

 

三、当日神社に参拝します

     当日は予約10分ほど前に神社にお越し下さい

 

     右記の内容を申込用紙に記入していただきます

 

 

四、祭典終了後

     着工予定地で「清めのお砂」で清祓を行います

 

五.鎮め物を工事業者に渡します

     鎮め物、棟上げ札を工事業者にお渡し下さい

 施主氏名、施工会社、設計会社、施工住所

 建物形状、着工予定日

当社では、引越後に行う新築の家祓も執りおこなっております。詳しくは神社までご連絡下さい。

野見神社

〒569-0077 大阪府高槻市野見町6-6

TEL 072-675-1316  FAX 072-673-5128

Copyright 野見神社 All Rights Reserved